入試科研

仙台に来ています。

昨日は、入試科研の研究会で発表しました。

内容は今週の入研協と昨年の入研協の合併版。

 

正直、準備不足で微妙な発表になってしまいましたが、

発表内容は、高校の調査書に関してですが、

このあたりの歴史的な経緯とか情報とかを

もっと勉強しないとダメだと痛感しました。

 

ただ、私が考えていることと、

他の入試研究をされている先生方の考えが

大きくずれてはいないことを確認できたのは収穫でした。

 

今週の入研協に向けて少しブラッシュアップしたいと思います。

(といいつつ、時間がないのですが・・・)

 

今日は、講義等は休講にさせてもらって

引き続き入試のフォーラムに参加します。

 

うーん、何の研究者か分からなくなってきました・・・

 

 

 

 

入門心理学

本格的に授業が始まりました。

今日は入門心理学×2+ゼミ×2。

 

入門って難しいです。専門の方がよほど簡単に思えます。

 

担当している入門心理学は、心理学専攻の1回生対象の必修科目なので、

入学したての、「キラキラ」している?学生さんたちが相手です。

数年担当していますが、一番緊張する授業かもしれません。

 

2、3回目には慣れてくるとは思うのですが・・・

 

そして午後はゼミ。

4回生の就活の状況を聞きました。

いろいろあるとは思いますが、悔いの無い選択をして欲しいと思います。

 

 

 

 

写真

新年度になりました。

昨日は新入生向けのガイダンスでした。

 

教員紹介の際に、顔写真が出ていたのですが、

私の時にざわつく。。。

それは10年前の写真ですから・・・

そろそろ換えないとなと思いつつ、面倒でなかなか実行できずにいます。

 

明後日から講義開始なので、今日はひたすら資料の印刷依頼をかけてます。

去年はほぼこのタイミングで骨折したので、

今年は気をつけて行きたいと思います。

年度

2017年度が終わります。

この業界、やはり年度替わりは大きな変化をもたらします。

感傷に浸りたいところですが、

明日締め切りの原稿に追われています。

 

ほぼ書き終えたので、とりあえず院生さんに送って

コメントをしてもらうことにしました。

やはり人の目が入ると違います。

 

来年度は、現本務校11年目。30代最後の年度です。

先は長いのか短いのか分かりませんが、

とりあえず科研の研究を進めなければなりません。

今年で大方準備は整ったので、次は実施です。

お金をたくさんかけるので、何とかうまくいけばなと・・・。

 

で、できれば論文は3本は出したい(目標低い??)

学会発表は3件ほど(とりあえず決まっているので2件)

 

他にもやりたいことはありますが、時間がないかも。

 

今年度は4月早々に右手骨折という失態をおかしたので、

来年度はとりあえず健康に、1年間乗り切れればと思います。

ゼミ6期生卒業

今日、明日とジョンズホプキンス大学のスクーリング?で講義(モデレーター)。

5年ぶりにがっつり英語漬け。Inputはまだ何とかなるのですが、Outputは諦めました。情けないですが・・。

 

で、今日は午前中でそちらを出て、卒業式のために大学へ。

人身事故で電車が止まるというアクシデントはありましたが、

無事19人のゼミ生を送り出すことができました。

 

今回卒業したのは6期生

感謝状をもらい(笑)笑って送りだしました。

早い人だとすぐに引っ越しとか、研修とかが

始まるようです。

活躍を祈りながら、とりあえず明日の予習します。

3月も

すでに10日です。3月頭はかなり体調が悪かったのですが、ようやく復活しました。

で、気づけば

某研究発表の締め切りが16日、本の執筆(1章担当)が31日締め切りで、その間に非常勤的な仕事で講義があります。

春休みなんて・・・

 

入試関連、英語の外部試験はちょっと荒れ模様でしょうか。

東大が利用しないことを決めたとか、

(テスト屋として学問的に)普通に考えればそうなると思うのです。

でも、所属大学はそうではないので、若干のジレンマ(笑)

 

この流れ、特需を見越して投資をした試験団体は???でしょうね。

 

2020年の入試改革、正直どこまでの改革になるのか全く見えません。

 

石巻

インタビュー調査で石巻に行ってきました(19~21日)。

 

3日で9組のインタビュー、なかなかハードでした。

 

今回の石巻、研究云々よりも

自分の人生にも影響を与えそうな経験をすることができました。

 

インタビュー時間の合間に、

津波被害があった場所を訪れました。

 

写真の場所、テレビとかで観ていましたが、

実際その場に立つと、

伝わってくるものが全く違いました。

 

高台にある神社に寄付をしたり・・・

これまで、そういうことをしてこなかったのですが、

何か動かされるものがあってつい。

(衝動買いならぬ、衝動寄付)

 

当時その場所にいた方々が、

どのような状況で、思いで避難されたのか。

亡くなった方々がどういう状況だったのか。

救助の現場がどうだったのか。

 

全く分かっていませんでした。

 

この調査、震災とは関係のないものでしたが、

自然と震災の話になる方もいらっしゃいました。

 

そして、当時の話、ご家族や友達の話を伺って、

インタビュー中に涙するという・・・

(調査者として失格?)

 

おそらく録音を聞いて、文字起こしをしたものをみて

また泣けるのだと思います。

 

改めて亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、

 今も苦しんでおられる方々に

少しでも役に立てることがあればと思います。

 

f:id:adlibitum_psych:20180222140707j:plain

f:id:adlibitum_psych:20180222140711j:plain