公認心理師試験2

解答速報を見ていますが、なかなか面白いですね。

 

個人的には統計の問題は、基本的だと思いました。

ただ、問題を見て基本的だと思うだけで、

この広範な試験範囲の中で基本的と言って良いかは難しいところです。

 

●統計的検定の問題

 基本的でした。あの有名な表(どのテキストにもあるもの)を

理解していれば正答できるかと思います。

ただ、おそらく表を覚えているだけではダメで、

意味を理解している必要がありますね。

 

追記:あれ、、これも3箇所とも違う解答。

正答は1です。

 

●回帰の問題

 えっ。というのが正直な感想。

 これを自信を持って答えられた方は相当統計を勉強しているかなと。

 単に卒論で回帰を使いました。というレベルでは対応できないと思います。そして、基準変数って・・・ あまり言わなくないかなぁと。

 

3箇所の解答速報を見ていますが、全部異なる解答になってます。

正解は2ですね。

これ、単回帰なら4も正解になるのですが、重回帰なので2。

 

これは良い問題かなと。統計の講義の際に使えると思います。

 

●英語学習法の問題

 

これはかなり微妙。

2と3で迷いますね。

正答2つでも良いレベル。

正答公表した後、クレームがついたら

「最も適切」って言ってるでしょ?くらいしか

抗うすべがないかなと。

 

普通に考えれば、2は正答。

3は、出題者が「同様の」をどのような意味で

使っているかによると思います。

 

全く同じテストという意味なら△、でもないよりはあった方が良い

ほぼ同じ(専門的には等化なテスト)であれば、3が正解。

 

統計、研究法の問題はこれくらいかな。。

 

 

 

 

 

 

 

 

公認心理師試験

第1回の公認心理師試験がありました。

 

もちろん私は受験していませんが、

問題を見て色々考えさされれるところもあり・・・。

 

まずは、これ、、どうなんだという問題もちらほら。

研究法とか・・・答え2つありそう。

ただ、入試問題でも「最も適切なもの」といって、

「最も」というのがくせもので。。

 

それはさておき、これは講義をどうするかとかも

結構影響されるような気がします。

少なくとも、実習メインのカリキュラムだけでは

対応できないと思います。

 

学部の対応カリキュラムのコマ数ではここまで扱うことは

ほぼ不可能。

あのカリキュラムはあくまで最低限というのが

よく分かります。

 

どうするのかなぁ。

これで、出身大学別の合格率が発表されるようになったら・・・

恐ろしや・・・

恐ろしや・・・

恐ろしや・・・

 

 

 

 

朝日新聞記事

今日の朝日新聞朝刊に、

人生で初めて?新聞に載りました(笑)

 

(変わる大学入試2020)高校の調査書、活用に課題 文科省、多面的評価狙い要請:朝日新聞デジタル

 

想像していたよりもスペースもとって頂いて、

場所も目立つ位置に!

6月に取材を受けていたのですが、

記者の方が熱心に聞いてくださって調子に乗って色々話をしました。

 

基本的に問題意識は記事でまとめていただいている通りです。

とらえ方によっては、若干高校側を批判しているように

思われるかもしれませんが、その意図は全くありません。

 

少しでも話題になって、良い方に進めばと思っています。

 

なお、『早計』と思う理由は色々あって、

本当はここに書いちゃいたいのですが自粛します。

気になる方?は直接聞いてください(笑)

 

 

 

サマータイム

話題になっているサマータイム。

アメリカにいるときに体験しました。

まぁ、特に不便もありませんでした(といって、メリットも感じませんでした)。

 

この議論、立命館大学の上原教授のTwitterが面白いです。

私も、科学的根拠はありませんが、反対です。

 

2時間ずらしたところで焼け石に水では??

 

というのがその理由です。

そして、初めて2038年問題というのを知りました。

なるほどなるほど。

 

そして、この上原教授、TwitterのTOPに

立命館大学情報理工学部への受験・入学を考えておられる or 控えておられる皆さんのために質問に勝手にお答えします。組織としての公式回答じゃないですが、何かのご参考に。」

という質問を受け付けておられます。

確かに重要です!

 

尊敬する先輩もこのサービスを

利用されていることを知ったので、

私も作ってみました。

 

ま、需要はないですかね(笑)何かあれば。

 

Takafumi Wakitaの質問箱です | Peing -質問箱-

 

 

浅見光彦

ふと、久しぶりに内田康夫の浅見光彦シリーズの

1冊(棄霊島)を読み始めました。

(仕事は?とかいうツッコミはなしで)

 

色々思うところがあったので少し書いてみようと思います。

 

内田康夫氏は今年の3月にお亡くなりになりました。

大好きな作家さんだったので、少なからずショックでした。

まずは、ご冥福をお祈りしたいと思います。

 

浅見光彦シリーズは、中学校1年生の時に、

担任(国語)のN先生が貸してくれて読み始めました。

朝借りて、休み時間中で読んで、その日に返すとかも

していたように思います。

思えば、本を読む習慣が身についたのは

これがきっかけだったかも知れません。

 

本を読むスピードもかなり速くなったので、

今の自分の仕事の役に立っているように思います。

その意味でもN先生には感謝です。

 

浅見光彦は、永遠の33歳という設定?なのですが、

当時のN先生もちょうど33歳と仰っていたような。

中学生からすると、かなり先の話に思っていましたが、

気づけば自分も40歳手前。

いつの間にか浅見光彦を追い抜いていたのだと

感慨深いものがあります(笑)

 

このシリーズは、中学校卒業後も、新刊が出る度に読んでいます。

Wikiによれば、114冊あったんですね。

全部読んでます。

ご興味があれば是非。

 

N先生も、もう60歳手前くらいなのでしょうか。

覚えてくれているかなぁ。

 

と思い出に浸る実家での午後でした。

 

 

 

7月

何も書かないまま終わりそうでした(笑)

 

7月を振り返ると色々ありました。

 

まずは、20数年付き合ってきたWindowsとお別れ(笑)

Macに乗り換えました。

まぁ、興味本位ではありますが、今のところ快適に使えています。

ただ、controlキーの動きには若干戸惑ってます(^_^;)

 

第2週目は、講義数が過去最高ではないかと思うくらい

授業漬け。

 

で、東京に厚労科研の会議で行って、その場で3日後に沖縄に行くことが決定。

るるぶも買わず、沖縄に行ってきました(仕事だけ)。

 

沖縄は高校の修学旅行で行って以来でしたが、

モノレールがあったり、やはり記憶にある雰囲気とは少し違っていました。

仕事とプライベート半々というのが理想ですが、

無理ですよね。。。

 

この仕事は全国規模の調査の、調査票設計。

久しぶりに怖い思いをしています。

 

学生さんにも言っていますが、

完璧な調査票はおそらく存在しなくて、

その中でどれだけベストに近づけられるか

という勝負だと思っています。

 

そういう意味では、一緒に作成してくれている

先生方の熱意がすごいので、

良いものができたと思います。

 

でも、怖いです。結果、どうなるかなぁ、、、