読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入試改革

※脇田個人の意見で、所属大学・部局とは一切関係ありません。

 

今日、文科省が大学入試改革に関して公表をしたそうです。

(ただ、この記事のもとになったものを発見できていません。

 追記:http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/08/1376777.htm )

 

TOEFLや英検を活用。うん、まぁその流れですよね。

 

今日たまたまTOEICの方と話したのですが、

TOEIC R&L とS&Wでは、R&Lでそこそこのスコアが取れないと

S&Wは難しいそうです。当たり前といえば当たり前です。

 

むしろ、R&LがS&Wの前提になるなら、

4技能にこだわらなくても良いのではという気もしてきます。

このあたりは研究や情報の公表が必要だと思います。

(実施団体はデータは持っているでしょうが。。。)

 

そして、やはり普通の高校生レベルではTOEICは難しいとのこと。

TOEICは選択肢から外れるかもしれません。

(あくまで帰国子女とか、英語がかなりできる高校生の話ではありません。

 普通の高校生の話です)

 

私は、個人的に入試で使うのであれば1種類にするべきという考えを持っています。

英検なら全員英検、TOEFL Juniorなら全員がTOEFL Junior

そうでないと公平性が保てません。

 

入試で重要なのは公平性です。

みんなが納得するものでなければなりません。

 

CEFR基準でB1とかであれば良いのかもしれませんが、

そうすると英語では差がつかなくなって、

結果的に他の科目が重要という話になります。

(某J大学はそうだったみたいです)

 

面接を入れるとかいう話もありますが、

面接の結果、学力試験とは逆転した場合、

その説明はつくのでしょうか。合否ラインでは当然起こります。

 

面接官の目を見て話せなかったから、とか

緊張してうまく受け答えできなかったから、不合格とか起こり得ますよ。

 

どこに向かうのでしょうか・・・

 

www.asahi.com