読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理測定の理想と現実??

何でもそうだとは思いますが,理想と現実は違います。

こんな質問紙をやりたいけども,項目数が多くなってしまうから

減らさなければ,とか別の変数も入れたいんだけど・・・などなど

2年前に修論書いているときは,このジレンマに悩まされました。

理想と現実・・・

で,僕がここで書いていることはあくまで理想です(^_^;)

**************

今週,大学院の授業で発表をしました。

テーマは,評定尺度法(リッカート法)による

尺度に対して多値型モデルを適用すると

どうなるか&何ができるのか。

IRTを使えば

   こんなことも,

     あんなこともできる(はず)  

             ということを話しました。

観客は10人程度だったんですけど,反応は?でした。

こんな研究してても,なかなか理解されません。

これも,理想と現実・・・

**************************

で,最近何をしているかというと,

院の同級生と共同で(というか無理矢理売り込んだ),

尺度を作っています。

項目の作成段階からタッチしているので,

なかなかおもしろいです。

なんとか,使える尺度にしたいと思ってやっていますが。

これまた理想と現実・・・