読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宣伝

またまた間隔が空いてしまいました。

6ヶ月ですか・・・

この間に職場が変わりました。

そして新しい職場にもだいぶ慣れてきました。

今回、計画3年?執筆3ヶ月?の本が出版されました。

心理学や調査系の論文の読み方に関する本で、

想定した対象は初めて論文に触れる学部生です。

(大学院入試対策にも使えるかも・・・)

また、社会医学系(尺度開発等)の論文を読む際、

尺度選択にも参考になるかもしれません。

本は、

サンプル論文

 →論文の解説

  →そこで使われている統計手法の解説

という流れになっています。

尺度水準の話、調査法の話、

因子分析、t検定、分散分析、回帰分析・・・

現在頻繁に使われている分析手法の原理とその解釈、

論文に記載されている数字や記号の読み方を

解説しました。

因子分析の後に相関係数の説明があるという

統計の本としてはありえないものに

なっています(^_^;)

一度お手にとってみてください。

心理学・社会科学研究のための 調査系論文の読み方

浦上 昌則・脇田 貴文

東京図書

なお、サンプル論文は東京図書のホームページから

ダウンロードできます。

http://www.tokyo-tosho.co.jp/books/ISBN978-4-489-02038-4.html

正直、論文と対応させて解説を読む時には

ページを何回もめくる必要があるので大変です(^_^;)

ダウンロードしてプリントアウトしたものを

横において読んで頂ければと思います。

早速ミス発見・・・本当にすみません。

恥ずかしいかぎりです・・

http://www.tokyo-tosho.co.jp/books/ISBN978-4-489-02038-4.html

の1番下に訂正表があります。