読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

測定の誤差

とあるニュースを見ました。

特定されると、まずいので

ぼやかしますが・・お許しください。

外向性や忍耐力などを測定することは

可能なのでしょうか。

心理学では、

こういった目に見えないものを測定します。

どうやって測定するかというのは、

前にも書いた気がするので省きますが、

測定した結果はどう使われるのでしょうか。

測定には誤差がつきものです。

体重を測定する体重計が壊れていれば

まぁ誰もが「この体重計は壊れている」と

いえるでしょうが、

心理測定ではそうはいきません。

測定道具が壊れていても

誰にもわからないのです。

そのニュースで扱われていたものは、

誤差をちゃんと考慮できているのだろうかと

心配になりました。

点数(得点)として、オモテに出た瞬間

そこからその点数が一人歩きし始めます。

個人の処遇に影響するような測定の場合

かなり慎重にその測定にはどのくらいの

誤差があるかを知らなければなりません。

ああいったもので不利益を被る人が

いないことを祈ります。

最近、自分のやっている仕事でも

こういった心配をしなければならないものが

あるので、気になっていることです。