10月から

2014年10月から、8年間、弊学の入試センターの役職を務めてきましたが9月末をもって離れることになりました。我ながら8年というのはすごいなと。周囲に恵まれて全うできたのだと思います。

 

入試の話題は、なかなか難しくて、それもあってブログの更新もあまりできませんでしたが、これで一区切りついたので少し幅広い視点で入試を考えてみたいと思います。

 

手始めに九州の某県の教育調査関連?の仕事を引き受けました。

これまで公の仕事をほとんどしていないので、結構新鮮で楽しみでもあります。

 

あとは、研究!

とりあえず31日締め切りの、学会の抄録〆切りを乗り越えたいと思います。

 

 

 

高校生向けセミナー

ホームページのお知らせでも告知した高校生向けセミナー。

ありがたいことに定員を上回る応募をして頂きました。

定員を増やしましたが、

それでもご希望に添えない生徒さんが多数出てしまいました。

興味を持ってくれたのに申し訳ないです。

(お詫びというわけではないですが、

講義の一部を視聴してもらえるようにしました。)

 

そして、8/6、 7はオープンキャンパスです。

担当するのは「受験に役立つ心理学」というミニ講義。

 

数年前に考えたこのタイトル、

そして自分でハードルを上げすぎたことを後悔したこのタイトル、

開き直って今年もやります。

 

感染拡大が続いているので、

セミナーもオープンキャンパスも少し心配ではありますが

何とか実施できることを祈っています。

 

 

心機一転

やはり1年経過・・・。

 

いろいろ心機一転という感じです。

 

1年前も書いてますが、ちょっと研究を頑張ろうということで

環境を変えていきます!

 

2年前に蒔いた種は、紆余曲折しながらも大分成長してきました。

まだ苗段階かもです。

それを尻目に、また新しい種を蒔いています。

ブレスト段階が1番楽しいかも。

 

今、大学院では「心理学研究法」という講義を担当しています。

今は自分のゼミ生がいないので、すべてが他のゼミの学生さん。

ご自身の研究計画とか興味のあるテーマの論文、面白そうな論文を

紹介してもらい、あーだこーだ方法論的な観点からコメントをしています。

もう少しディスカッションはしたいのですが、

私がしゃべりすぎているのか。

学生さんはしんどいでしょうが、実は私個人は結構楽しんでいます。

研究計画とか構想を練っているときが1番楽しいです(笑)

 

そして心機一転のもう1つは、携帯電話。

大学生になったときから使っていた

090スタートの携帯番号(最初は10桁でしたが)と

サヨナラすることにしました。

某、○Uでずっと、20年以上所持していたわけですが

ショップ、本社?ともに、

あまりの対応の悪さにちょっと辟易し、番号ごと捨てることにしました。

20年以上使ったのに・・・。

昔は長期利用割引とかいろいろメリットがあったのですが

最近は皆無ですしね。しかしひどかったです。2度と契約しません(笑)

 

昔の番号をご存じの方、このような事情ですので新番号をお知りになりたければ

ご一報ください。ここ数年使っている070からの番号は使い続けています。

 

それではまた1年後なのか、明日なのか、1週間後か分かりませんが

とりあえずここで。

 

 

 

完全に存在を

忘れていました・・・。

約1年ぶりですね。

 

この間は、コロナ、コロナ、コロナでした。

2020年度は何とか乗り切ったという感じでしょうか。

 

今日から2021年度です。

コロナは全く収まる気配はないですが、

できることを粛々とですね。

 

2021年度の目標は、やはり研究かな、、、

2020年度は種まき期間で、成果物がほとんどありませんでした。

 

科研は新規の分担が2つ、頑張ります。

完全に存在を

 

忘れていました・・・。

約1年ぶりですね。

 

この間は、コロナ、コロナ、コロナでした。

2020年度は何とか乗り切ったという感じでしょうか。

 

今日から2021年度です。

コロナは全く収まる気配はないですが、

できることを粛々とですね。

 

2021年度の目標は、やはり研究かな、、、

2020年度は種まき期間で、成果物がほとんどありませんでした。

 

2020年度は、書籍の執筆が大きかったです。

改訂版ですが、結構手を入れました。

 

 

そして、昨日、この本を基にしたRの入門書を脱稿しました。

本来の〆切りは昨年9月末でしたが、、結局引っ張ってしまいました。

 

あとは、入試関連の書籍の章、事典の項目あたりは書きました。

また出版されたら宣伝しようと思います。

 

そろそろ科研の発表かな・・・(自分が代表の研究課題は出していませんが・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オンライン講義

かなり間隔が空いてしまいました。

 

世の中はコロナ一色。

本学も、オンライン講義をせざるを得ない状況になっています。

 

正直、自分の顔が写るとか、資料をアップロードとかあまりしたくないのですが、

そうも言っていられません。

 

そこで、、意を決して色々試してみました。

 

サービス:Zoom  色々言われてますが・・・

パソコン (Mac mini)

iPad pro

Apple Pencil

 

これは最強では???

 

まず、講義を考えたとき、

Mac(パソコン)でZoomを使うのは△という結論。

理由は、板書が面倒。ホワイトボード機能と画面機能の切り替えが面倒そう。

そして、プレゼン中の画面とZoomの画面があってごちゃごちゃする。

 

ということで、別の方法を考えてみました。

 

板書とスライドが同時に見せられないという点に関しては、

iPad + Apple pencil 使えば良いんじゃない?

さらに、プレゼン中の画面とごちゃごちゃするという問題も解決できそう。

 

なんと?Zoomの画面共有では、「iPhone/iPad  (AirPlay使用)」が選択できます。

スライドをiPadで表示して、それを共有すれば完璧では・・・

 

ここで問題になるのは、日常遣いしているiPadなので、

メールとかLINEとか(ゲームも・・)色々アプリが入っているので、

講義中にこういうのがピコンってきたらかなり恥ずかしい。

 

なので、専用のiPadを買おうかと思ったのですが、、

調べてみると、これらを制御できることが分かりました。

 

フライトモード ON、モバイル通信 OFF、お休みモードON、アクセスガイドON

 

これを実行すれば、邪魔が入ることはない!!

 

ということは、これらをまとめてショートカット設定してしまえば

プレゼン前にポチッとこのショートカットをクリックすれば

万全の体勢に。

 

いや、すごい。便利すぎます。

 

AirPlayを共有してのプレゼンもかなりスムーズですし、

これは試してみる価値がありそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

延期

※このブログは所属とは関係の無い,個人の見解です。

ちょっと予想外でしたが、英語外部試験の件、延期になりました。

 

まさか、というのが正直なところです。

 

大学の入試担当部署にいる人間としては、

「おいっ」という感じ。

もちろんテスト屋としては大賛成です。

 

とはいえ、かなり政治的な動きだったのだろうと。

研究者が、長年にわたって反対してきたことが、

大臣のひと言(辞任回避のため)で、延期に。

何かモヤモヤは残ります。

 

個人的にはこの準備していた高校生がかわいそうだなぁと。

準備は無駄にならないという意見もありますが、

英語を使えるようになることと、

資格試験でスコアを取ることは(たぶん)違いますから。

 

そして、この件の報道で気になるのが

「色々決めなかった大学にも責任がある」みたいな論調。

はっきりは言っていないですが、

行間にはそんなニュアンスがある報道・記事が多いです。

 

もしかしたらM省がそう流しているのかもしれませんが。

 

入試関係、2年前告知というルールがあるので、

当然、大学側も早く決めたかったんです。

でも、もろもろ体制が決まらない、、

IDの発行云々も昨年の年末以降で動いたような記憶が。

 

決めたくても決められなかったということだけは

世間にも理解してもらえればと。

別にさぼっていたわけではありません。

 

そして、早速一部の記事には出ていますが、

共通テストの英語の配点(リーディングとリスニング)とかが

問題になってきます。

 

また、記述式問題の件も。。。

 

まだまだ紆余曲折ありそうです。

 

気づいたら電子調査書の件もあまり耳に入ってこなくなりました。

 

どうなるのでしょうか。