総合型選抜と探究学習

 

※脇田個人の考え方であり、所属組織とは一切関係ありません。
※10月15日のセミナーの直後に書きましたが公開が遅れました。

 

先週の土曜日、
関西大学東京センターで開催された
セミナーでパネリストとして話をしてきました。

正直、探究学習について詳しいわけでないので
ちゃんと?予習をして臨みました。

予習を進める中で、
総合型選抜=探究学習ではない、
つまり探究学習は総合選抜につながらないという、
なんとなくモヤモヤとした感覚を持ちました。

 

ディスカッションをする中で
そのモヤモヤが少し晴れて来たので
書いてみようと思います。

 

総合型選抜≠探究学習 とまでは言いません。
もちろん探究学習は重要ですし、
大学や社会でその力が求められ、
評価されるのはその通りです。

正確に言えば、
高校の授業としての探究学習は
総合型選抜に直接つながらないというべきでしょうか。

批判を覚悟で書いてしまえば、
高校の探究の授業でこんなことをしましたとか
こんな賞をもらいましたというのは
あまり評価されない(個人的にはしたくない)のではないかと考えます。

 

それは、どのような成果があったかは、
指導者の力量によるところが大きいでしょうし、
学校の高等学校の指導体制も大きな要素だからです。
グループワークの場合、
必ずしも自分が興味関心のあるテーマに取り組むことができるとは限りませんし。

 

となると結局は、探究学習で何をしたかではなく
そのプロセスで何を学んだかが重要になります。
そしてそれをどう応用できるか、
総合型選抜という大学入試の枠組みで考えれば、
大学での学びにどうつながるかではないかと思うわけです。

 

高校の探究では
批判的思考、クリティカルシンキング、
アカデミックスキルといったものを磨いてもらえれば
それは総合型選抜入試につながると思います。

そして、今後は一部ではなくすべての高校生が探究学習をすることになるので
英語外部資格試験を利用した入試の基準のインフレと同様に、

普通に高校の授業として探究学習をしただけでは
総合型選抜で合格となるだけのレベルにはならないように思います。

現在、SSHとかの高校生が評価されているのとは状況が違っていくように思います。

 

 

IQ

もう、連投の連投

 

news.livedoor.com

 

そう言う話じゃないのでは?

IQという1つの構成概念で考えていること自体が間違っている気がします。

 

IQと学力はそもそも違いますから・・・。

キャッチーなタイトルにしているだけかも知れませんが、

IQ130以上なのに頭悪い というのはもう・・・。

 

そもそも、どの知能検査で測定されたIQなのかが大問題。

 

さらにIQ 130ってそんなに高くないですよ。

よくある?SD15であれば、2SD。偏差値で言えば70です。

100人居れば、2.5人くらいは居る計算。

 

この記事の議論の仕方が違う気がします。

と思って所出を見てみたら「NEWS DIG編集部」というところでした。

うーん。

 

 

連投告知

連投で告知です。

 

下記のシンポジウム?でパネリストをやります。

肩書きが、入試センター副所長になっていますが、

実施される10/15は辞任済み。

その時点では、社会学部 教授・入試主任 という肩書きになっています。

 

全学の役職を外れるので、多少言いたいことが言えるかなとは思っています。

 

総合型選抜と探究学習、なかなか難しいと思います。

 

正直、探究学習でやったこと(内容)を使って

総合型選抜に出願する というのは ないな という感じ。

 

探究学習で学んだことを活かして

総合型選抜に出願する のであれば アリ だと思っています。

 

与えられたプログラム(テーマ)で探究学習をしたとしても

どこまでなのか。。

 

総合型選抜では、

本当にその受験生が「経験してきたこと・考えたこと」と

「大学で学びたいこと」、そして「将来」を

どこまでに繋げて考えられているかが重要だと思います。

(少なくとも私はそう考えています)

 

AOの対策塾みたいなものを目にすることがありますが、

AOのような総合型選抜では(完全な)対策は

できないのではないかと・・・。

 

それは面接官によって評価が変わるから。

例えば3人がABCの3段階で評価するとして、

 

AAAとなれば文句なしで合格です。

AABでも合格可能性は高いかな。

ABBだとどうだろう・・・。

 

面接官の3人はそれぞれ違う視点を持っています。

どの視点からみてもAであれば良いわけですが、

かなり難しい話です。

 

ちょうど「最後の秘境 東京藝大: 天才たちのカオスな日常 (新潮文庫)」を

読んでいて、まさに同じだなと思った次第です。

藝大の入学試験で、デッサンを描いて、それを教授(試験官)が評価する。

当然、(そのデッサンに対する)好みだとか、着目する視点は

試験官によって変わるはずです。

ある意味、試験官の当たり外れが存在するはずです。

 

総合型選抜もまったく同じです。

総合型選抜の面接では、デッサンのような「作品」を見るわけでなく、

受験生とコミュニケーションをとって評価することになるので

さらにいろいろな要因が混ざってくるので。。

 

誤解を怖れずにいえば、

そこには再現性とか公平性とかはないかもしれない・・・。

信頼性なんて・・・(笑)

 

といった話を、クビ覚悟でしたいと思います。

 

先日、メインの森朋子先生と打合せをしましたが、

1時間話が尽きず・・楽しかったです。

 

ということで、当日も盛り上がるのではないかと思っています。

 

 

 

 

夏休み

夏休みが今週で終了しますが、早すぎます。

多くの大学教員が書いていることですが

夏休み=休みではありません。

 

ということで、いくつか。

 

まずは高校生向けセミナー

 

www.kansai-u.ac.jp

 

盛り上がったのか、盛り上がらなかったのか分かりませんが、

私としてはグループワークの難しさを再認識するとともに、

一定の役割は果たせたかなとは思っています。

来年もあるのであれば改善して行きたいと思います。

 

そして、第46回日本静電気学会全国大会で

研究発表をしてきました。

いや、緊張しました。

何だかんだで久しぶりの発表でした。

 

システム理工学部、外国語学部、社会学部の教員で

サークルのようにやっている共同研究の内容を発表しました。

個人的に結果は面白くて、次の段階に進めるのかなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生向けセミナー

8月8日、27日とオンデマンド講義を挟みつつ、

高校生対象のセミナーを担当しました。

 

正直、時間が足りなさすぎました。参加してくれた高校生には申し訳なかったです。

 

ただ、「心理学」という(もしかしたら高校生にはキラキラて見える)ものが、

心理学の研究が結構泥臭いものであるというのは体験してもらえたかなと思います。

 

まだ受講者の感想は見ていないのですが、どうかな・・・。

 

そして、またここでも告知しますが10/15に関西大学のイベントで

パネリストをすることになりました。

テーマは、総合型選抜や探究学習です。

昨日、打合せをしたのですが、楽しい感じになりそうです。

 

終わった瞬間に発言を怒られそうなので、辞表を用意していきます。。。

10月から

2014年10月から、8年間、弊学の入試センターの役職を務めてきましたが9月末をもって離れることになりました。我ながら8年というのはすごいなと。周囲に恵まれて全うできたのだと思います。

 

入試の話題は、なかなか難しくて、それもあってブログの更新もあまりできませんでしたが、これで一区切りついたので少し幅広い視点で入試を考えてみたいと思います。

 

手始めに九州の某県の教育調査関連?の仕事を引き受けました。

これまで公の仕事をほとんどしていないので、結構新鮮で楽しみでもあります。

 

あとは、研究!

とりあえず31日締め切りの、学会の抄録〆切りを乗り越えたいと思います。

 

 

 

高校生向けセミナー

ホームページのお知らせでも告知した高校生向けセミナー。

ありがたいことに定員を上回る応募をして頂きました。

定員を増やしましたが、

それでもご希望に添えない生徒さんが多数出てしまいました。

興味を持ってくれたのに申し訳ないです。

(お詫びというわけではないですが、

講義の一部を視聴してもらえるようにしました。)

 

そして、8/6、 7はオープンキャンパスです。

担当するのは「受験に役立つ心理学」というミニ講義。

 

数年前に考えたこのタイトル、

そして自分でハードルを上げすぎたことを後悔したこのタイトル、

開き直って今年もやります。

 

感染拡大が続いているので、

セミナーもオープンキャンパスも少し心配ではありますが

何とか実施できることを祈っています。